【比較】民泊や小規模ホテルにオススメのQRコード決済4選

現地決済を希望するゲストは、一定数存在します。 仮に現地決済を受け入れるとしても、現金での決済は避けたいところです。 現地決済を受け入れる場合は、QRコード決済を導入しましょう。 QRコード決済の導入で、宿の運営は効率化されます。 この記事では、民泊や小規模ホテルにオススメの4社を紹介します。 QRコード決済を導入すべき理由 QRコード決済の導入で、現金管理のデメリットを解消できます。 釣銭管理の手間・コスト、盗難のリスク 売上金を銀行に入金しに行く手間・コスト、盗難リスク...

【黒字倒産を防止】レンタルスペースは自社HPでも集客しましょう

レンタルスペース(以下レンスペ)の集客は、自社HPでも行いましょう。 利用料金の決済方法は、Stripeによる事前決済がオススメです。 自社HPでの集客と事前決済で、黒字倒産を防止する効果が期待できます。 OTAだけで集客すると、黒字倒産のリスクがあるのです。 レンスペのOTA、予約エンジン各社の入金サイクルと合わせて解説します。 黒字倒産とは 損益計算書上で黒字の状態であっても、倒産してしまうことをいいます。 〜黒字倒産の例〜 1ヶ月先に予約があり、十分な売上は確定 現地決済のため、該当予約の売上入金は1ヶ月先...

OTA別 事前決済の入金サイクルまとめ

入金サイクルはBeds24(Stripe)が圧倒的に早い 自社HPから集客し、Beds24で事前決済を実施しましょう。 条件次第では、Booking.comの予約にも適用できます(詳細記事)。 最短で、予約日の翌日に売上が入金されます。 入金サイクルとは 売上が、宿の銀行に入金されるまでの日数や頻度です。 画像元:Square 起算日*はOTAによって違いがあります。 *予約の売上が計算される基準となる日 以下に、各OTAごとの事前決済の入金サイクルを紹介します。 各OTAの入金サイクルまとめ...

【ゲストによる不審請求を予防】Beds24とStripeで設定すること

設定を実施してゲストによる不審請求の申請を予防しましょう ゲストに送られるStripe領収書の表記は、明確な内容に設定しましょう。 設定を実施すれば、ゲストから不審な請求であると誤解されずに済みます。 なぜ、ゲストから不審請求を申請されてしまうのか 「身に覚えがない請求」と誤解されてしまうケースがあるためです。 Stripe決済が完了すると、ゲストに以下のような領収書が送られます。 管理者は理解できても、ゲスト目線ではわかりづらい表記かもしれません。 領収書に記載された会社名を知らない 明細に記載されている内容に覚えがない...

Booking.comのカード閲覧権限を獲得してノーショーを防ぐ

Booking.comのクチコミを貯めてカード閲覧権限をゲット Booking.comをオープンしたら、クチコミ(レビュー)を貯めましょう。 以下の条件で、クレジットカード(以下カード)の閲覧権限(後述)が付与されるようです。 ・オープンから2〜3ヶ月集客 ・クチコミが10件以上 ただし、上記の条件はBooking.comが公表している内容ではありません。 Beds24をご利用の皆様から伺った内容をもとにしています。 様々な理由により、上記条件が当てはまらない可能性もありますのでご注意ください。 ゲストからのクチコミを増やす方法...

【時間とコストを削減】追加費用はオンラインで請求

ゲスト滞在中に発生した追加費用はオンラインで請求しましょう この記事は、無人の宿向けの内容です。 例えば、以下のような2つの例があるとします。 ①ゲスト滞在中に、追加でオプションのレンタル品の貸出を依頼された。 ②ゲストが宿の備品を壊してしまった。 上記のように追加費用が発生した場合も、請求はオンラインで対応しましょう。 時間とコストの削減につながります。 追加費用をオンラインで請求する方法 ゲストのカード情報が、Beds24経由でStripeに保存されているか否かで対応が変わります。 カード情報が保存されているゲストの場合...