民泊物件の売買に役立つ『インスペクション』って何?

売買契約が終わった後に、建物に欠陥が見つかると困りますよね。 今回は、 物件の売却時(売主) 物件の購入時(買主) に役立つ、『インスペクション』をわかりやすく解説します。 インスペクションとは 建物が必要最低限の品質を有しているかの調査です。 同じ意味で、『住宅診断』や『住宅検査』とも呼ばれます。 劣化していないか 施工の不具合がないか などの調査を、特別講習を修了した建築士が、国の基準で実施します。 売主、買主どちらも任意での調査依頼が可能です。 なお、この調査は義務ではありません。 インスペクションはやるべきか...

価格競争が少ない民泊運営にオススメは駅チカの物件?郊外の物件?

民泊で競合との価格競争を避けるには、郊外の物件がオススメです。 『平均単価は、駅チカよりも郊外の方が2,779円高い』 ということが、弊社独自の調査によりわかりました。 以下に詳しく解説します。 調査の詳細 〜調査対象〜 全国47都道府県の県庁所在地にある、一棟貸切タイプの民泊施設 〜物件の定義〜 駅チカの物件・・・主要駅から車で15分未満 郊外の物件・・・主要駅から車で15〜30分 〜調査結果〜 1名あたりの平均単価は、駅チカよりも郊外の方が2,779円高い。 ※都道府県別のデータはこちら 〜調査方法〜...

民泊運営には駅から徒歩10分以内の物件がオススメ

民泊を運営するには、駅から徒歩10分以内の物件がオススメです。 Beds24のデータから導いた結果を元に、解説します。 なお、今回の調査では、駅から徒歩30分以上の施設は対象外です。 駅から徒歩10分以内の物件がオススメな理由 駅から宿までの所要時間別に、月の売上平均を出しました。 以下2つの理由より、駅から徒歩10分以内の物件をオススメします。 ①売上平均の高さ 徒歩10分以内の宿は、11分以上の宿に比べ、約3万円高い売上が見込めます。...

【空き家の収益化】レンスペで運営に慣れて、民泊で収益拡大

親から譲り受けた家を放置している 人口減少が著しい日本で賃貸ビジネスに限界を感じている 上記のように、使いきれていない住居は多く存在します。 今回の内容は、そのような住居で収入を得る方法の提案です。 【結論】レンスペと民泊で収益化しましょう まずはレンタルスペース(レンスペ)の運営を始めましょう。 レンスペの運営に慣れたら、続いて民泊の運営がオススメです。 上記を推奨する理由について、以下4つの観点から解説します。 法的なハードル 市場規模 初期費用 インバウンド 1.法的なハードル...

【STP戦略】を宿の経営に取り入れて売上UP!

1.宿の売上UPにSTP戦略は必要不可欠 宿の経営にSTP戦略を取り入れましょう。 STP戦略は、売上UPを達成するために必要不可欠な戦略です。 参考:(YouTube) STP戦略とは?小学生でも分かる(後略) 2.STP戦略とは 『お客様に選ばれる理由をつくるための考え方』を指します。 マーケティングの神様、フィリップ・コトラーが考案した戦略理論です。 以下に、宿目線で詳しく解説します。 3.セグメンテーション(分けること) 画像元:みんなのマーケティング セグメンテーションは、『市場を分けること』を意味します。...

【高校生でもわかる】宿の経営に重要な指標『RevPAR』の解説

1.RevPARで課題発見、利益最大化 RevPAR(レヴパー)は、宿の経営で最も重要な指標の1つです。 利益を増やすために、前年のRevPARは必ず確認しましょう。 以下がRevPARの大きな役割です。 売上や利益からは見出せない課題の発見 OCC、ADR(後述)を設定する際の判断指標 関連する値の説明と共に、RevPARの使い方を詳しく解説します。 2.『OCC(稼働率)』とは 『〇〇部屋のうち、〜〜部屋売れたか』を表す割合(%)です。 計算式:売れた部屋数 ÷ 月全体の部屋数 = OCC 3.『ADR(客室平均単価)』とは...