宿目線でまとめたOTA各社の短所 パート2

OTA各社は、強みや特徴を公開しています。 しかし、短所についてはほぼ公開されていません。 この記事では、宿目線で下記OTAの短所を紹介しています。 Agoda Trip.com(旧Ctrip) Vacation STAY Hostelworld 解消方法も交えて解説します。 民泊に人気のOTA5社の短所はこちら Agoda 勝手に値下げされる Agoda上で最低価格を設定することで回避 Booking.comに自動掲載される ゲスト個人の電話番号、メールアドレスは取得できない 上記2点、解消方法不明 Trip.com...

【コスト削減】OTAとサイトコントローラーで『施設の登録形式』を統一

1.登録形式を統一してコスト削減 OTAとサイトコントローラーの登録形式は統一しましょう。 統一することで、無駄なコストを削減できるかもしれません。 以下、OTAとBeds24の連動の仕組みを元にした、詳しい解説です。 2.OTAとBeds24 連動の仕組み OTAのHotel ID(施設 ID)は、Beds24のプロパティIDに、 OTAのRoom ID(客室 ID)は、Beds24の客室IDに紐付きます。 3.登録形式が異なるとコストが上がる理由 OTAとBeds24で登録形式が異なっていても、連動は可能です。...

OTA別 事前決済の入金サイクルまとめ

入金サイクルはBeds24(Stripe)が圧倒的に早い 自社HPから集客し、Beds24で事前決済を実施しましょう。 条件次第では、Booking.comの予約にも適用できます(詳細記事)。 最短で、予約日の翌日に売上が入金されます。 入金サイクルとは 売上が、宿の銀行に入金されるまでの日数や頻度です。 画像元:Square 起算日*はOTAによって違いがあります。 *予約の売上が計算される基準となる日 以下に、各OTAごとの事前決済の入金サイクルを紹介します。 各OTAの入金サイクルまとめ...

アゴダの闇と光

アゴダの闇と光 筆者が定義するアゴダの闇『OTAであるアゴダには、宿が安全弁として設定する部屋の「最低価格」という項目が有ります。アゴダのシステムは勝手にこの『最低価格』まで値段を下げて部屋を売り切ろうとします。』 故に、サイトコントローラーの会社には「アゴダで異常に安い価格で販売された。サイトコントローラーのバグではないか」という怒りの電話が時折、宿から寄せられます。...