宿目線でまとめたOTA各社の短所 パート2

OTA各社は、強みや特徴を公開しています。 しかし、短所についてはほぼ公開されていません。 この記事では、宿目線で下記OTAの短所を紹介しています。 Agoda Trip.com(旧Ctrip) Vacation STAY Hostelworld 解消方法も交えて解説します。 民泊に人気のOTA5社の短所はこちら Agoda 勝手に値下げされる Agoda上で最低価格を設定することで回避 Booking.comに自動掲載される ゲスト個人の電話番号、メールアドレスは取得できない 上記2点、解消方法不明 Trip.com...

Beds24の自動送信メール Trip.comのゲストには遅れて届く

Beds24の自動送信メールとは お宿からゲストに自動でメールを送信する機能です。 Auto Action(Beds24の自動化機能)で、主に以下のようなメール送信を自動化します。 予約確定直後の「予約確認メール」 チェックイン前日の「案内メール」 チェックアウト後の「サンクスメール」 Beds24の自動送信メールがTrip.comのゲストに遅れて届く理由 Trip.comのスタッフが、人力でゲストにメールを転送しているためです。 今の時代に、あえて人力で作業するのには理由があります。...

Airbnbの手数料3%→15%へ

2020年12月からAirBnBの手数料が大幅アップ Beds24などのサイトコントローラーに連動されている施設は、2020年12月からAirBnBの宿側の手数料が3%→15%に上がりました。よって、AirBnBの販売価格を手数料分割安にされているご施設様は、AirBnBの宿泊金額の見直しが必要かもしれません。 販売価格の見直しについて もし販売価格を見直しされる場合は、価格のリンク設定のヘルプページをご参考いただき、オフセット率をご修正いただく等ご対応をお願いいたします。...

楽天バケーションステイのダブルブッキングを産む弱点

結論 楽天バケーションステイの部屋Aの最低料金設定が5000円とします。 サイトコントローラー(例:Beds24)から楽天バケーションステイの部屋Aに送られている価格が5000円未満の場合は、連動エラーが発生します。 連動エラーが発生すると、楽天バケーションステイはサイトコントローラー(例:Beds24)の在庫数を無視し、さらに継続して予約を受け付ける為、最悪の場合ダブルブッキングします。 対策 サイトコントローラーの管理画面ではなく、楽天バケーションステイ管理画面で設定する「最低料金」を1000円にしておく。...

比較:楽天トラベルの集客力は楽天バケーションステイの378倍

集客力は、トラベルが378倍 楽天トラベルの方が、楽天バケーションステイより訪問数が378倍あります。 では、楽天バケーションステイが不要かといえばそうはならない 楽天バケーションステイに掲載すると、以下の図のように楽天トラベルでも掲載されます。 詳細は別のこちらの記事で言及済みですが、結論、民泊は楽天バケーションステイ経由で宿を掲載するのはメリットが多いです。民泊以外の宿はメリットとデメリット、どちらも検討する必要があります。 比較方法はセッション数...

国内OTAランキング(結論:じゃらんが圧倒的1位)

事の発端 「コロナ危機の今の日本で、集客できるOTAはどこなのだろう。」という、執筆者の私、長坂の疑問が発端です。 結論 1位はじゃらんです。じゃらんでの集客を100の価値とします。 2位の楽天トラベルは60の価値で2位です。 3位は一休+Yahooトラベルの28の価値です。 価値の計算方法は後述します。 故に、1位のじゃらん、2位の楽天だけでの集客でも十分のお宿も多いでしょう。 お時間が無い方は、これ以上、こちらの記事を読まずで大丈夫です。 Yahooトラベル 一休 リラックス...