民泊新法の宿は、国内OTAのじゃらん、楽天トラベルに掲載できません。

そこで注目されるのが、民泊向けの国内OTA『Vacation STAY』です。

今回の記事では、国内からの予約を増やしたい民泊新法のホスト向けに、

  • Vacation STAYの集客力
  • Vacation STAYの特徴と注意点

を解説していきます。

Vacation STAYの集客力

前述の通り、民泊新法の宿はじゃらん、楽天トラベルに掲載できません。

Vacation STAYが代替OTAとして、どれほど集客力があるのかを調べました。

Vacation STAYの集客力は、

  • 楽天トラベルの約1/12
  • じゃらんの約1/9

であることがわかりました。今後に期待ですね。

Vacation STAYの特徴と注意点

他のOTAに自動掲載

Vacation STAYに掲載すると、自動的に他のOTAでも販売が始まります。

出典:Vacation STAY

楽天トラベルに自動掲載されるのは、他のOTAにはない特徴です。

他のOTAに自動掲載されるが…

「この予約はどこのOTAから入ったんだろう?」

実はこの情報、ホストには公開されない*のです。
*Vacation STAYのサポートに確認済み

Vacation STAYから入った予約として対応するほかありません。

稀に連絡がつかないケースあり

Vacation STAYのゲストと、メールで連絡が取れない事例が稀にあります。

該当予約は、自動掲載されたOTAからの予約である可能性が高いです。

この問題が発生した場合は、SMSで連絡をとりましょう。

SMSを送れないケースもあり

以下の電話番号のゲストには、SMSを送ることができません。

+81 20 3564 0799

この予約は、Booking.comかAgodaからの予約と考えられます。

なお、上記の番号が含まれる確率は、約5%*です。
*Beds24で確認した予約1,513件のうち78件

どうしても連絡が取れない場合は、Vacation STAYのサポートに、

ゲストから宿のメールアドレス宛に、

  • 氏名
  • 予約した施設の名称

を送ってもらうよう依頼しましょう。

なお、サポートはすぐに対応してくれるようです。

最後に

Vacation STAYについて詳しく解説しました。

ゲストと連絡がつかない場合は、SMSを送りましょう。

どうにも連絡がつかない場合は、Vacation STAYサポートへ。