【Beds24】優先度が低い部屋の在庫調整を自動化

複数部屋で集客している宿向けの内容です。 部屋によって、条件が悪くなってしまうことってありますよね。 ダブルの中で、一部屋だけ狭い部屋がある シングルの内、一部の部屋は別の棟 ファミリーの一部の部屋は景色が悪い、など 今回の内容は、上記のような事情がある部屋をどう売るべきかの解説です。 Beds24で在庫調整を自動化する方法も紹介します。 事情がある部屋は、別の部屋タイプとして販売 ダブルルームが6部屋 3部屋はオーシャンビューが好評 残りの3部屋は景色に優位性なし このような場合は、部屋タイプを分けて販売しましょう。...

【Beds24】予約の分析、確認に便利なカスタムレポート

Beds24の予約一覧は、予約 > リストから確認することができます。 項目ごとに並べ替えができ、予約情報を検索するのに便利です。 しかし、予約リストでは絞り込みや、合計値の計算ができません。 ここで役に立つのが、Beds24のカスタムレポートです。 予約データをエクセルなどに落として計算する必要は、ほぼありません。 カスタムレポートを使いこなして、業務をサクサク進めましょう。 まずはカスタムレポートの概要を説明します。 カスタムレポートの『できる/できない』...

Beds24のご利用に慣れたらオススメの10機能(応用編)

Beds24をご利用中のみなさまに、オススメの10機能をご紹介します。 前回の基本編と違い、かなりカスタマイズされた内容です。 Beds24の操作に慣れ、さらに効率を求めたい方に設定をオススメします。 「応用編だから設定が難しいのではないだろうか…」 そのような心配はご無用です。 設定は、弊社のメールサポートが代行いたします。 1.最低宿泊日数の変更を自動化 以下の設定を自動化し、理想的に予約を埋めていきましょう。 しばらく先の日付は最低2泊以上 直近は最低1泊から  ...

【Beds24】民泊新法の180日を自動でカウント

今回は、民泊新法で営業している宿向けの内容です。 民泊新法の営業日数は、年間180日に制限されています。 複数OTAからの予約の累計泊数を日々計算するのは、面倒ですよね。 面倒な計算は、Beds24で自動化しましょう。 誤って180日を超えて営業してしまう心配は、もう不要です。 Beds24で年間180日の制限を管理する 以下の方法で、180日を超えないように管理します。 ダッシュボードで全OTAの累計泊数を把握 定期的に累計泊数を特定のメールに自動送信 残日数が少なくなったら、カレンダーで最大宿泊日数を設定...

【Beds24】最低宿泊日数を下回る空室を自動通知して機会損失を予防

今回は、『バラ売り』で販売している宿向けの内容です。 1泊の予約ばかり入ると、毎日のように清掃作業に追われてしまいます。 それゆえ、最低宿泊日数を2泊以上に設定*している宿は少なくありません。※1泊の予約が入らない設定 もし仮に、予約と予約の間が1泊分だけ空いた場合、どうなるでしょう。 その日は予約を受け付けることができず、機会損失となりますよね。 1泊分のすき間が発生した場合、どうすれば良いのでしょうか。 該当日だけ最低宿泊日数を変更 日別料金で最低宿泊日数を2以上に設定していると仮定して解説します。...

【Beds24】ダッシュボードに独自のデータを載せて管理効率アップ

Beds24デフォルトのダッシュボードには、様々な情報を表示できます。 しかしながら、 今月の現時点での売上 未払いの予約の一覧 のようなデータは、デフォルトの機能では表示することができません。 でも、ご安心ください。 カスタムレポートを応用すれば、デフォルトを超える情報を表示できます。 独自のデータをダッシュボードに表示させ、情報管理を効率化しましょう。 以下に、いくつかの例を紹介します。 【基本】カスタムレポートをダッシュボードに載せる方法 ①ダッシュボードで、カギのアイコンをクリック...