合法民泊の運営 遠隔で集金する際のコツ3点

合法民泊の運営において、遠隔で集金をするコツは3つあります。ここでは、代表的な予約サイトであるBooking.com、じゃらん、楽天トラベル、Airbnbでの遠隔集金のコツをお教えします。

1.じゃらん、楽天トラベルはオンラインカード決済のみの設定にする。

じゃらんも楽天トラベルも、管理者用のサイト内で以下のような項目を選べる部分があるので、ここで「オンラインカード決済のみ(現地払い不可)」の設定にします。

「オンラインカード決済のみ(現地払い不可)」のデメリット:

現金払いを希望するの宿泊者の集客が見込めないことですが、現金払いの場合、ごく稀に宿泊者が代金を支払い忘れる、といったことも起こります。そういったトラブルを避けるという意味でも、オンラインカード決済の方が楽に運営することができます。


2.Booking.com経由のお客さんには、クレジットカード情報の登録必須を課す。

Booking.comはクレジットカード決済のみの設定ができません。しかし経営者としては、利用者が最も多い予約サイトなので、ここに物件を掲載しないということはまずありえません。

故に、事前に宿泊者のクレジットカード情報の登録をBooking.comでは必須にしておきましょう。

そして、以下の1つの記事をご覧頂き、遠隔での集金を実現しましょう。

記事1:Stripeで決済ができるよう準備(Stripeの関連記事)をしておきましょう。

記事2:サイトコントローラーの「手間いらず」と、「Booking.com」を一緒に使って遠隔で集金する方法は、こちらの記事をご参照ください。


3.Airbnbを積極的に使う。

手間いらずとAirbnbが連携をしています。こちらで、手間いらずのプレスリリースを御確認頂けます。

Airbnbは旅館業を取得していない違法民泊の掲載が多いですが、ウェブサイトの使いやすさは随一です。クレジット決済にも対応していますし、ゲストによる物品の破壊・トラブルなどにも保険で対応しています。

デメリットとしては、

  1. 旅館業を取得していない物件と一緒に、皆様の旅館業取得物件を並べられてしまうので、旅館業取得物件がサイトの中で埋もれてしまう
  2. 2017/7/31現在、手間いらずとAirbnbの間の連携がいまいちで、手間いらずからすぐに物件をAirbnbに掲載することはできない。

という二点が挙げられます。

しかし、集金の面は他の予約サイトを寄せ付けないほどの強みがあり、許可があってもAirbnbへの掲載は、手間いらずを通して必ず行いましょう。

 

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。