ストーリーで合法民泊を差別化し、売上を向上させる3つの方法

民泊の物件は、2018年には過当競争の時代に突入するでしょう。ではどのように売上を維持するのか。結論として、民泊施設にストーリーを加え差別化しましょう。難しくありません。どなたでも、「独自のストーリー」を各施設に作れます。

なぜストーリーが必要なのか。詳細は、こちらをご覧ください。

要するに、物件の売りを物語風に絵や文字などを交えて語ることで、強く印象付けることができます。

弊社が管理する、こちらの「稲荷ハウス」では、独自の「ロゴ」、「ホームページ」、「屋内紹介動画」の3つを公開しています。この3つを辿ってもらい、近くの伏見稲荷大社を元に「伏見稲荷へのお客様をお迎えする民宿」というストーリーを展開しています。以下で具体的な方法を記載します。


1.ロゴの作り方

結論から言うと、自分でメモ程度のアイディアを作り、フリーランサーという外注サイトで綺麗なpngやjpegデータにしてもらい自分のホームページで公開します。

弊社の担当者が、上記の草案を簡単に1時間でさっと作成しました。その担当者は絵は素人です。

その後上記の候補の中からひとつを選び、下記のように綺麗にデータにしてもらいました。

合計外注費用は1,200円。日本人のデザイナーを雇えば何万円もしますが、「海外のデザイナーに素人の絵を綺麗にしてもらう」程度であれば、この金額でロゴを作成することが可能です。

 

外注サイト、フリーランサーの使い方の日本語の解説はこちら。外国人とのやり取りは英語ですが、思ったほど難しくありません。民泊のクレーマーの対応の方がずっと難しいです。

 


2.独自のホームページ

これは、バズ部というところが発表してる、WordPressでのホームページ作成方法を参考にしましょう。初心者でも効果的なホームページが作れるよう、丁寧に解説しています。

完成までに2~3日はかかりますが、着実にやれば自分の施設のホームページを作成できます。


3.動画の作成と公開

これはこの中で最も簡単です。スマホで1分程度部屋の動画を撮り、YouTubeでアップするだけです。

YouTubeでアップした動画は、独自のホームページで公開できますし、楽天トラベルでは動画の配信を行うことができます。

写真で伝えることができない、部屋の構造や最も目玉の部分を中心に紹介しましょう。


 

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。