一軒家の中古の改装か新築して、合法民泊する際の推奨間取り

以下に、一軒家で合法民泊をする際の推奨の間取りの事例をご紹介します。

 

 

 

 

 

推奨間取りの4つの特徴を以下に列挙します。

  1. 一階と二階の玄関が分かれて、二世帯です。
  2. 二世帯のどちらにも最低限の水回り設備が有り、合法民泊を廃業しても2世帯に賃貸が可能です。
  3. 合法民泊に泊まるグループを想定する為、一世帯当たり、4人の最大定員を想定すると良いでしょう。故に、1LDKや2DK以上を推奨します。
  4. 共有スペースは可能な限り少なくしましょう。共有スペースが広かったり、共有スペースにトイレが有ると、毎日掃除する必要が有る為、避けましょう。

今回は以上です。

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。