合法民泊 予約サイトへ掲載する写真の掲載方法

Booking.comや楽天トラベルのゲストは、「民泊」に慣れていません。予約前からゲストと意思疎通を円滑にするために、Booking.comや楽天トラベル、じゃらんに掲載する写真は気をつけましょう。以下に例を提示します。

  1. そもそも写真とは、屋内や家の外の写真ばかりではなく、以下のような写真も重要です。

Booking.comや楽天からくるゲストの中には、ビジネスホテルや高級ホテル同様、「タオルやTV、冷蔵庫などの設備も、毎日の清掃も当然あるもの」として民泊を利用する人々がいます。民泊を行う側からすれば、高級ホテル並みのサービスを提供するのは難しいと思います。

このようなサービスレベルの認識が民泊の提供者と宿泊者の間で異なると、以下のようなクレームの口コミを書かれます。

「3日宿泊したが、バスタオルは毎日替えてもらえなかったし、フェイスタオルもなかった。この宿はオススメしない」

上記のようなクレームを防ぐためには、上記のような画像の文面を、宿泊施設紹介の写真の2~3番目に入れておくことが重要です。

また、Booking.comは上記の画像のように、右上に口コミが表示される機能があります。故に、このようなメッセージを作る場合、左にメッセージを寄せて、右側は余白の作成をお勧めします。百聞は一見にしかずなので、こちらからTハウス東京のBooking.comのウェブサイトをご覧ください。


2.荷物の預かり

このように書いておかないと、「早く到着するから、荷物預かってほしい」とゲストから連絡が来ます。現場の管理者は掃除や他の仕事もあるので、このようにできないことはできないと、しっかり伝えましょう。


3.許可証の掲示

このように、保健所から発行される旅館業の許可証をしっかり掲示しましょう。そうしないと、余計なリスクを負います。

例えば周りの家から、「あそこはいかがわしい違法民泊をしてるのか?」と思われた際、この許可証をBooking.com、楽天トラベルなどに掲示しておけば、「ああ、ここは許可を得て、しっかりやってるのか」と納得して頂けます。


4.貸切で、共有スペースが無い民泊であることを伝える。


5. Booking.comでは、ゲストは予約時にクレジットカード情報を要求されるが、自動的にクレジットカードに料金がチャージされるわけではないことを伝える。

 


まとめ:

Booking.comのお客はまだ民泊に慣れていません。こちらから必要な情報をしっかり伝え、誤解が生まれないようにしましょう。

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。