合法民泊運営会社は、株式会社ではなく、合同会社を推薦

合法民泊を運営する際は、合同会社は以下に説明する様に、株式会社よりメリットが多い場合が有ります。

合同会社のメリット

  • 設立費用が安い(合同会社は6万円ほど、株式会社は25万円ほど)
  • その他:社債発行が可能な他、創業融資の審査などで株式会社と比べて不利になることもありません。

合同会社のデメリット

  • 国内での知名度が低い:合同会社が株式会社よりも地位として下という認識の方が多いため中小企業が相手のビジネスでは控えた方が無難です。ただ、一般の人々は、この宿泊施設が「合同会社か株式会社か」ということは気にしないため、このデメリットは問題にならないでしょう。
  • 人的問題:合同会社では基本的に社員(=出資者)全員が業務執行権を持ちます。そのため社員間で意見対立が起きてしまうと苦労してしまう可能性があります。

具体的な、会社設立の手順はこちらの記事から

この記事は以上です。

SNSでもご購読できます。