合法民泊に設置のスマートスピーカー:アマゾンのエコー!

アマゾンのスマートスピーカーは、2017年内に日本で発売です。これがあれば、ゲストは自分で問題の解決が可能になり、管理者に連絡して来ることが減り、管理者の業務負担が減ります。

アマゾンの発表

上記は、アメリカで販売中のアマゾンエコーのシリーズです。

アマゾンエコーについてのプレスリリースはこちら。

 

市場シェア

2017年5月発表のeMarketerの調査によると米国でのスマートスピーカーの市場シェアはAmazonの「Amazon Echo」が全体の70.6%を占め首位に立ち、グーグルの「グーグルホーム」が23.8%で2位につけています。同調査ではまた、月に一度はスマートスピーカーを使用する米国民は3560万人(前年比128.9%増)に上ると判明しています。

 

CRが、アマゾンのスマートスピーカーを推薦する理由

ゲストの視点

機能が充実しています。

多くの企業がアマゾンのスマートスピーカーである「エコー」をサポートし、照明、鍵、エアコン、その他の家電を操作を日本語や英語という「音声」で管理することができます。機能が充実しているが故に、エコーのシェアは圧倒的です。今後も、エコーをサポートする家電企業は増えるでしょう。

また、エコーは天気、周辺のお勧めレストラン、フライト情報なども提供できます。これがあれば、ゲストが管理者に連絡して来ることが減るでしょう。

掃除する人の視点

日常業務の手間が減ります。例えば洗剤が無くなった場合、「アレクサ(アマゾンのAIの名前)、施設Aに5月20日着で洗剤を買っておいて」と言えば、Amazonですぐに購入手続きをしてくれます。日常業務の効率化に繋がります。

管理者の視点

売上が上がるでしょう。暫くは、エコーを導入する合法民泊は多くなく、これを売りにしてマーケティングを行えば、「お、アマゾンのエコーがあるのか。泊まってみよう」というゲストが増えるでしょう。管理者は、売り上げをあげることが出来ます。

今回は以上です。

 

 

 

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。