Beds24のダイナミックプライシング「ヒントプラン」の継続利用率を公開

Beds24ダイナミックプライシング「ヒントプラン」の継続利用率 以下の画像は、Beds24ダイナミックプライシングのヒントプラン*の利用者データです。 *詳細は後述します。 お申込みされたユーザーのうち、69.31%が継続して利用中です。 ダイナミックプライシングの概要とヒントプランの紹介 ダイナミックプライシングとは 需要と供給に合わせて、販売価格を変動させる仕組みです。 大まかにいうと、以下の作業を人間ではなくAIが行います。 ・高くても売れる時期は値上げする。 ・予約が入りにくい時期は値下げする。...

ダイナミックプライシングって何?使う目的は?

ダイナミックプライシングとは 「高くても売れる時は値上げする、そうじゃない時は値下げする」仕組みです。 需要と供給に合わせて、AIが価格を変動させます。 ・需要が多い週末や夏休みの時期・・・売上を増やすため、価格を高く設定 ・需要が少ない平日や梅雨時など・・・機会損失を防ぐため、価格を低く設定 ダイナミックプライシングの2つの目的 目的1:お宿の収益増加 適正価格で販売し、稼働率と売上を上げます。 目的2:値付け作業時間の大幅な削減 削減した値付け業務の時間を、おもてなしの時間に充てます。...

ダイナミックプライシングのアプリ(Price Labs・Room Price Genie)の比較

Beds24では、Room Price Genie(読み:ルームプライスジーニー)と、PriceLabs(読み: プライスラブズ)という二つのダイナミックプライシングのアプリを利用可能です。 どちらが良いアプリなのか? 結論:現時点では、ルームプライスジーニーが優勢です。以下の比較表をみてみましょう。 こうしてみると、ルームプライスジーニーに優位は圧倒的です。...

自動値付け機能の詳細説明

最初に ダイナミックプライシングは、値付け担当者を助ける補佐役です。担当者が「基本価格(例:過去の売上の平均価格)」や、「最低価格(ダイナミックプライシングが値段を下げすぎるのを防ぐ)」を設定した後、自動で値付けを実現します。将来は上記の基本価格や最低価格の設定も自動になるでしょう。 ダイナミックプライシングの値段を決める3要素 1.競合 日本全国、それぞれの都市の競合の稼働率、値動きなどのデータです。 2.イベント...