Booking.comでは、合法民泊の平面図の掲載が必須

Booking.comでは、民泊の平面図の掲載が必須です。理由は、ゲストは、「この施設はどのような構造で、寝室はいくつあり、快適に過ごせそうか。」を事前に知りたい為です。以下に、合法民泊のコンサルタントが使用してる平面図の一例を掲載します。

 

 

 

以下の平面図はクリックして拡大できます。

 


注意点:

  1. 訪日外国人が多い東京や京都なら英語のみで書くと、日本人の宿泊を抑えられ、訪日外国人にターゲットを絞れます。日本人の宿泊客を抑えられるメリットとして、評価が厳しい日本人のレビューを避け、評価の甘い外国人のレビューを貯められるというメリットが有ります。
  2. 地方では、訪日外国人は少なく、日本人もターゲットにする必要が有るでしょうから、英語と日本語の併記がいいでしょう。
  3. 広さを書く。どれくらい広いのか、多くのゲストは知りたいです。
  4. 楽天トラベル、じゃらん、Booking.comなどのアカウントで、屋内の写真とともに掲載します。これを掲載することで、「この家は、どんな構造なのか?」という問い合わせのメールに対応する手間が省けます。

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。