複数オーナーの施設をBeds24で管理するには、サブアカウントが便利

この記事では、Beds24の費用を劇的に安くする方法を実施した場合の管理方法を解説します。

多くの施設を1つのBeds24アカウントだけで管理すると、様々な問題が生じます。

以下に紹介するサブアカウントで、様々な問題を回避しましょう。

※いずれのサブアカウントも月額税込600円です。

代行会社のスタッフが使用する「編集用サブアカウント」

1つのBeds24アカウントに同時にログインできる人数は2名です。

3人目が同じパスワードでログインすると、1人が強制的にログアウトされます。

その場合には「編集用のサブアカウント」が便利です。

各アカウントにパスワードを2つずつ設定し、複数名の同時ログインを実現します。

編集用サブアカウントは、メインアカウントと同じ環境で作業できます。

オーナーが閲覧する「閲覧専用サブアカウント」

オーナーから、日々の販売価格や予約状況を聞かれることがあります。

毎回、質問に回答していては時間がもったいないです。

オーナー用の「閲覧専用サブアカウント」を発行しましょう。

オーナーが閲覧できるのは自身の施設のみです。

なお、オーナーが見る必要のない項目は、非表示にできます。

オーナー用のAirbnbアカウントは補助ホストでOK

オーナーから「Airbnbのアカウントが見たい」と求められることがあります。

その際、代行会社のAirbnbアカウントにログインさせるわけにはいきません。

他のオーナーのリスティングを閲覧、編集されてしまう可能性があります。

対策として、「オーナー用のAirbnbアカウント」を発行しましょう。

その後、代行会社のアカウントに登録されたリスティングで、補助ホストに追加すればOKです。

あるオーナーのリスティングが、他のオーナーに操作される心配はありません。

Airbnb管理画面ホーム > リスティングで、オーナーのリスティングを選択した状態です。

最後に

Airbnbのアカウントをまとめた後の運用には、サブアカウントが便利です。

Beds24のサブアカウントで、様々な問題は解決できます。

関連記事

【代行会社向け】Beds24の費用を劇的に安くする方法

既にBeds24をご利用中の方

お問い合わせはこちら

これからBeds24をご利用予定の方

お問い合わせはこちら

無料トライアルのお申し込みはこちら