自社HPで、複数のプランを販売している宿向けの内容です。

この記事では、食事プランを例に便利な設定を解説します。

『その日に必要な食事の数』が、ひと目でわかる設定の解説です。

今日は何人分の食事が必要?

カレンダーをパッと見ても、

  • どの予約が食事ありなのか
  • 食事ありのゲストが何人いるのか

を把握することはできませんよね。

ご安心ください。

何人分の食事が必要なのかは、たった1秒で確認可能になります。

日々の食事提供数、食事の有無を可視化

以下画像はBeds24のダッシュボードです。

部屋ごとの人数と、その日の食事提供数の合計がひと目でわかります。

ちなみに、食事プランの予約にはアイコンをつけることができます。

カレンダーを見れば、食事ありのゲストは一目瞭然です。

上記の設定をご希望の方は、メールサポートからご依頼ください。

以降の解説は、お読みいただかなくても問題ありません。

手間と時間のBefore/After

直近3日分の食事提供数を確認するのにかかる時間を比較しました。

〜設定をしない場合〜

所要時間:約2分

作業内容:

  • 予約をひとつひとつ確認
  • 各予約の人数をメモ
  • 日数ごとに合計数を計算

これでは、ヒューマンエラーが出る可能性が非常に高いですね。

〜上記の設定をした場合〜

所要時間:約1秒

作業内容:

  • ダッシュボードを確認

ダッシュボードを見れば、最新の正確な情報がひと目でわかります。

施設の部屋数が多ければ多いほど、時短が可能です。

食事提供数を表示させる仕組み

①オートアクションを設定(必須)

食事プラン(オファー)からの予約に、自動でinfoコードをつけます。

②アイコンを設定(任意)

infoコードがついた予約に、アイコンが表示されるようにします。

設定方法はこちら

③カスタムレポートを設定(必須)

食事のinfoコードあり、且つ滞在中の予約人数を抽出します。

今回は、今日、明日、あさって3つのレポートを作りました。

④ダッシュボードを設定(必須)

作成したカスタムレポート3つを、ひと目で見れるようにします。

見やすくするため、食事専用のダッシュボードを設定しました。

最後に

Beds24の設定は、宿に合わせてカスタマイズすることができます。

ほとんどの設定は、弊社サポートで代行可能です。

業務効率化のため、Beds24の機能を駆使しましょう。