Beds24予約エンジンをご利用中の方向けの記事です。

民泊や小規模ホテルのオンライン決済*は、当たり前の時代になりました。

*以下、事前決済と表記

とはいえ、現地決済の需要が完全になくなったわけではありません。

事前決済、現地決済両方を受け付けたい方向けに、設定方法を紹介します。

設定は無理にご自身で行わず、メールサポートにご依頼ください。

現地決済も受け付ける方法その1

以下の条件で予約を受け付ける方法の紹介です。

  • 事前決済、現地決済どちらも予約時のカード情報入力必須
  • 現地決済の予約は自動集金の対象から除外

設定後の予約ページ

予約確認画面で、以下のように表示されます。

設定方法

プロパティ > 予約の質問で以下のように設定

②自動集金のオートアクションから現地決済の予約を除外

以上で設定は完了です。

現地決済も受け付ける方法その2

以下の条件で予約を受け付ける方法の紹介です。

  • 事前決済の予約はカード情報入力必須
  • 現地決済の予約はカード情報入力不要

設定後の予約ページ

支払い方法ごとにプランが表示されます。

事前決済プランは、予約確認画面でカード情報の入力が求められます。

現地決済プランは、カード情報の入力なしで予約が可能です。

設定方法

プロパティ > 予約ルールで『カード情報入力不要』に設定

②既存のオファーに加え、現地決済用のオファーを追加

プロパティ > オファーで以下のように設定

  • 事前決済のオファーは『カード情報入力必須』
  • 現地決済のオファーは『デフォルト』(=カード情報入力不要)

価格▼日別料金詳細設定で日別料金を追加

それぞれのオファーに紐付け

④カレンダーに料金を入力、または価格のリンク(詳細)を設定

以上で設定は完了です。

弊社のオススメは事前決済一択

現地決済は、未払いノーショーのリスクが伴います。

最悪の場合、宿泊後に未払いで逃げられることも考えられます。

故に、事前決済で確実に集金するのがオススメです。

Twitterでは、以下のようなご意見も上がっています。

最後に

予約エンジンで事前決済、現地決済両方を受け付ける方法を解説しました。

設定は無理にご自身で行わず、メールサポートにご依頼ください。