結論 :スペースマーケットが1位

以下、1~3位までが順位です。4位以降は規模が小さく省略しました。

1位:スペースマーケット(英語名:SPACEMARKET、売上:2019年12月期:約8.7億円、売上の出典はこちら)、サイトへ

2位:インスタベース(英語名: Instabase、売上:2019年12月期:約5.1億円)、サイトへ

3位:スペイシー(英語名:Spacee、売上:2019年12月期:約1.7億円)、サイトへ

 

  • インスタベースとスペイシーは、売上が公開されていないため、推計値です。推計方法は後述します。
  • スペースマーケットは、以下「スペマ」と表記を省略します。

ランキング作成方法

シミラーウェブ(サイトへ)というサービスを使い、セッション数(サイト訪問者数)を計測しました。

そして、そのセッション数に基づいて、スペマの売上を基準にし、

インスタベースの売上を約5.1億円(=インスタベースのセッション数/スペマのセッション数*スペマの売上)

スペイシーの売上を約1.7億円(=スペイシーのセッション数/スペマのセッション数*スペマの売上

と算出しました。

以下の赤い括弧の部分が それぞれのサイトの2020年8月~10月のセッション数です。

地域による差は今のところ無く、スペマが日本全国で強い

以下の画像のように、スペマが全国で圧勝です。グーグルトレンドというサービスで検索された回数をグラフや図にしています。

この記事の執筆中、2020年11月18日頃、「大阪ではインスタベースが強い」という噂を筆者は聞きました。ただ、それはグーグルトレンド上では確認できませんでした。

市場規模の拡大は続いている

コロナ危機前までは明らかな市場拡大基調が続いていました。

それは、スペースマーケットの以下の画像の決算資料から読めます。業界1位のスペマの売上が急激に拡大しているからです。

コロナ危機が去れば、また市場は拡大していくでしょう。

スペースマーケットの決算資料の出典リンクはこちら

サイトコントローラーと連動する際のスペマ内での設定方法

スペマであれば、以下の方法をスペマ内で設定しましょう。

  • 時間区分:「時間貸し」にする。スペマの構造上、宿泊貸し、1日貸しの設定にすると予約者の検索でヒットしにくいため。
  • 最短利用時間:最短でも「1日13時間」など長時間に設定する。そして、1日に1予約しか入らないようにする。結果として、宿泊と同じように宿の運営者は日常業務を実施可能になる。民泊運営者は、既存の運営方法を変更する必要がない。
  • 最低でも13時間宿泊にした場合、1時間1000円で設定で予約が入ると、実質この予約は、13000円の宿泊の予約と言える。
  • スペマの以下の画像のように、曜日ごとに貸し出す開始時間、終わりの時間も設定できる。例えば、開始時間をチェックインの時間(例:15:00)にし、終わりの時間をチェックアウトの時間(例:33:00=翌朝9時)に設定すれば、実質、スペマの客は宿泊客と変わらない。

最後に

コロナ危機のため、宿泊業界は厳しい状況です。この機会に、レンタルスペース業界での宿の掲載をご検討いただければ幸いです。