Stripe(ストライプ)で請求できない場合のトラブルシューティング

以下当該ページの画像のように、黄緑(もしくは、ストライプの自動集金を稼働してる場合の以下の画像の朱色)なのに、集金できない場合は、4つの理由が考えられます。

ゲストの色が黄緑か朱色なのに、集金できない

朱色は、元々黄緑の予約で、集金日(ストライプが自動稼働した日程)に黄緑なのに予約できなかった場合の色です。

そして、朱色は、元々黄緑色の予約の後、集金できなかった場合になる色です。この朱色の後、自動でBeds24からBooking*comに「この予約は、予約時はクレジットカードは集金できたが、集金する際に集金できなかったので、不正クレジットカードです。」と通知されるので、最終的にBeds24の上では自動で黄色になります。

理由1)銀行の詐欺防止ネットワークにブロックされてる。(原因の80%)

外国人ゲストのクレジットカードの発行会社(ほぼ日本以外の海外の銀行)が、海外(この場合の海外とは日本のこと)での引き落としを制限してる。理由は、クレジットカード詐欺を防ぐため。

対策は、ゲストに「引き落としするので、もし銀行口座をブロックしてるなら解除してください」と、Booking.comパートナーサポート: 03-6837-0400経由でゲストに伝えてください。

理由2)口座残高、クレジットカード残高が少ない。(原因の10%)

予約した日は、十分な残高が有ったのに、引き落としを実行しようとした日は既に十分な金額がなかったので、引き落としできなかった。

対策は、ゲストに「口座残高が足りなかったかもしれない。クレジットカードと、銀行口座に十分な額が存在するか確認をお願いします。」とBooking.comパートナーサポート: 03-6837-0400経由でゲストに伝えます。

理由3)ストライプの詐欺防止ネットワークにブロックされてる。

(原因の9%)

こちら、Booking.comから流れて来たゲストの情報には、Eメールが含まれてます。Beds24からストライプを使って集金する際は、このEメールもストライプで集金する際に使用します。そして、このEメールがストライプの詐欺防止ネットワークに探知されてブロックされてることがあります。

対策は、実はEメール無しでストライプのアカウントから直接引き落としです。こちらを実行すると引き落としが可能な場合があります。一度、ストライプのアカウント内から直接引き落としをお願いします。

ストライプのアプリから直接請求の方法はこちらです。Beds24を経由せずに集金も実は可能です。

理由4)CVCについて(原因の1%)

ストライプは、CVCコード無しでゲストに請求できます。

ゲストがCVCコードを間違って入力し、通常のおもて面の16桁の番号や有効期限などの情報が正しい場合、CVCコード無しで引き落としができます。

しかし、CVC有り(この場合、間違ったCVCコード)を入力して、Beds24本体やストライプで引き落としを実行しようとすると、引き落としができない事が有ります。

CVCコードが有る場合で引き落としができない場合は、一旦、CVCコード無しで引き落としをしてみて下さい。そうすると、引き落としができることがあります。

追記:

ゲストから宿に「Booking.comに入力したカード情報が正しいにも関わらず、なぜカード情報を更新してくださいと、Booking.comからメールが届いた。」と予約者から宿に連絡が来た場合、宿は上記の「理由1〜3」の可能性が有る事と、それぞれの対処法をゲストに説明願います。