Beds24とスペースマーケットとの連動方法・注意点

こちらのページではBeds24とスペースマーケットとの連動方法・注意点について記載しています。

 

1.スペースマーケット用のGoogleカレンダーの作成
2.Beds24でGoogleカレンダーとBeds24をAPI連携を行う
3.スペースマーケットとGoogleカレンダーの連動設定
4.その他設定
5.注意点

作業1. スペースマーケット用のGoogleカレンダーを作成する

※既に時間貸し用のGoogleカレンダーとBeds24の施設が連動中の場合、作業3.から進めてください。

1.Googleアカウントにログイン後、Googleカレンダーを開きます。

2.画面左下の「他のカレンダー」右横の「+」ボタンを押します。

3.「新しいカレンダーを作成」をクリックします。

4.「スペースマーケット用」などのわかりやすい名前を入力し、「カレンダーを作成」ボタンを押します。

作業2.Beds24でGoogleカレンダーとBeds24をAPI連携させる

1.Beds24アカウントにログイン後、設定>プロパティ>セットアップで、Overbooking Protectionを「ルーム」に設定します。

※上記の設定で、オーバーブック時にBeds24が他の部屋の在庫を抑える機能をOFFにします。

2.設定 > すべてのOTA > Google カレンダーで、「Googleカレンダーに接続」を押します。

3.遷移したページで、自身のGoogleアカウントを選択します。

4.「Contilnue」をクリックしてください。

 

※「Success,calendar connected」が表示されれば成功です。

5.「コードを取得する」のプルダウンから該当のリスティングを選択します。

6.同期で「インポート・エクスポート」を選択してセーブします。

7.「Blocked Date Summary」に「Blackout」を入力してセーブします。

※Blackoutを入力いただくと、Beds24でBlackout(売り止め)を行った内容がスペースマーケットへ反映されます。
ただし、設定 > Googleカレンダー > 特定のコンテンツ のページで設定頂いた「Strat time」から「End time」までの時間のみがスペースマーケット側で売り止めとなります。
スペースマーケットを全日売り止めにしたい場合は、スペースマーケット側のカレンダー上で売り止めを実施して下さい。

作業3.スペースマーケットとGoogleカレンダーの連動設定

※既にスペースマーケット以外の時間貸し用のGoogleカレンダーがある場合、その既存カレンダーをスペースマーケットのスペースとも連動します。

1.スペースマーケット管理画面右上の「ホスト」をクリックします。

2.カレンダーのページ右上の「外部カレンダーと連携」をクリックしGoogleカレンダーとの連動を行います。

3.手順は以下のヘルプをご参照ください。
ヘルプ:スペースマーケットとGoogleカレンダー連携方法

 

スペースマーケットとGoogleカレンダーの連携方法についてご不明な場合にはスペースマーケットのサポートへお問い合わせ下さい。スペースマーケットは電話のサポートはございません。

その他の設定

■Beds24管理画面で「開始時刻」と「終了時刻」を設定

設定 > すべてのOTA > Google カレンダー > 特定のコンテンツで「開始時刻」と「終了時刻」の設定します。

 

※Beds24に予約が入ると、開始時刻~終了時刻 で設定した時間がスペースマーケット上で予約不可となります。

・開始時刻 =清掃時間を含む、スペースマーケットの予約締切時間(宿泊のチェックインから-1時間推奨)
・終了時刻 =スペースマーケットの予約開始時間 (宿泊のチェックアウト+1時間推奨)

※清掃時間(±1時間推奨)を考慮して入力してください。

例)チェックインが15:00の場合、開始時刻は14:00
→時間貸しゲストが14:00に帰った後、15:00に宿泊ゲストを迎え入れるまでの清掃時間1時間を確保します。

例)チェックアウトが10:00の場合、終了時刻は11:00
→宿泊ゲストが10:00に帰った後、11:00利用開始の時間貸しゲストを迎え入れるまでの清掃時間1時間を確保します。

※±1時間はあくまでも推奨時間です。清掃に2時間必要な場合は±2する必要があります。

■スペースマーケット管理画面で、最低利用時間・片付け時間を設定

 

1.スペース管理のページで、「編集」ボタンをクリックします。

2.プラン・価格設定をクリックします。

3.貸出可能な曜日・時間帯で受付時間を設定します。

4.最低利用時間と片付け時間を設定します。

※管理に慣れて頂くまでは、1日2回以上予約が入らないようにする為、以下の設定を推奨します。
「最低利用時間」と「片付け時間」の合計時間が、「受付時間の1/2」を超えるように設定

例)受付時間:9:00~23:00(14時間)の場合

「最低利用時間+片付け時間」は7時間30分以上で設定。
最低利用時間:1時間であれば、片付け時間:6時間30分 = 合計7時間30分
最低利用時間:2時間であれば、片付け時間:5時間30分 = 合計7時間30分

※1日2回以上の予約対応が可能であれば、自由に設定していただいて問題ありません。


Beds24管理画面で【片付け時間】の予約を取り込まないように設定

 

通常、スペースマーケットから予約が入ると、【実際の予約】と【片付け時間】の2つの予約がBeds24に取り込まれます。

 

設定 > すべてのOTA > Googleカレンダー > 特定のコンテンツ > Calendar importの「無視する」  に【片付け時間】と入力します。

こちらの設定を実施することで、【実際の予約】のみ取り込まれるようになります。

注意点

1.在庫が1unitの部屋タイプのみ、スペースマーケットと連動可能です。複数の在庫を持つ部屋タイプは連動できかねます。

 

2.スペースマーケットを全日売り止めにしたい場合は、スペースマーケット側のカレンダー上で売り止めを実施してください。

Beds24でBlackout(売り止め)を設定頂いても、設定 > GoogleAPI > 特定のコンテンツ  のページで設定頂いた「開始時刻」から「終了時刻」までの時間のみがスペースマーケット側で売り止めとなります。
「開始時刻」~「終了時刻」以外の時間帯は、スペースマーケット側で販売可能な状態となりますのでご注意ください。

 

3.Beds24の「予約の前後が自動でブロックされる設定(チェックアウト後の日付のブロック)」はスペースマーケットに反映されません。
宿泊予約の前後をスペースマーケット側でも売り止めする場合は、スペースマーケット管理画面で売り止めを設定してください。

 

4.ご施設が時間貸しでの営業が可能かどうかについては、自治体(保健所)に確認してください。
各自治体の窓口案内(条例等の状況等)

 

5.スペースマーケットの予約者には、Beds24から自動メールは送られません。

 

6.スペースマーケットからの予約の決済は、スペースマーケット上で行いますので、Beds24では決済できません。

 

7.スペースマーケットからGoogleカレンダーに送られる情報は以下となります。
・スペースマーケット 予約ID
・スペース名
・予約URL
・利用目的
・利用形態
・人数

 

設定にご不明な点がございまいたら、弊社のメールサポートまでご質問願います。

また、設定完了後はBeds24側での作業が必要な為、スペースマーケットとの連動を完了された旨弊社メールサポートまでご連絡願います。