GoogleカレンダーとBeds24の部屋タイプを連動する方法

GoogleカレンダーとBeds24の部屋タイプを連動する方法、表示項目の設定方法について記載しています。

 

1.連動用のGoogleカレンダー作成

2.Beds24とGoogleカレンダーを連携

3.Googleカレンダーに表示される項目を設定

1.連動用のGoogleカレンダーを作成

1.Googleアカウントにログイン後、Googleカレンダーを開きます。

2.画面左下の「他のカレンダー」右横の「+」ボタンを押します。

3.「新しいカレンダーを作成」をクリックします。

4.部屋タイプ名などのわかりやすい名前を入力し、「カレンダーを作成」ボタンを押します。

2.Beds24とGoogleカレンダーを連携

設定 > すべてのOTA > Google カレンダーで、「Googleカレンダーに接続」を押します。

2.遷移したページで、自身のGoogleアカウントを選択します。

3.「Contilnue」をクリックしてください。

※「Success,calendar connected」が表示されれば成功です。

4.「コードを取得する」のプルダウンから該当のリスティングを選択し、セーブを押してください。

5.同期で「インポート・エクスポート」を選択してセーブします。

6.「Blocked Date Summary」に「Blackout」を入力してセーブします。

3.Googleカレンダーに表示される項目の設定

2.「開始時刻」のプルダウンから、チェックイン時刻を。「終了時刻」のプルダウンからチェックアウト時刻を選択します。

3.変数などをそれぞれの「概要」に入力します。

一つ目の「概要」:Googleカレンダーの予約タイトルに表示される項目。

二つ目の「概要」:Googleカレンダーの予約をクリックすると表れる詳細項目。

変数について詳しくはこちら

4.Beds24で入力した内容は、Googleカレンダーでは画像のように表示されます。

一つ目の「概要」に入力した内容:

[UNITNAME] [NUMPEOPLE1]  [NUMNIGHT][NUMNIGHT][+]1

二つ目の「概要」に入力した内容:

[GUESTNAME][GUESTFIRSTNAME]<br>大人:[NUMADULT1]<br>子供:[NUMCHILD1]<br>備考:[NOTES]

青字・・・変数

<br>・・・改行

※[BOOKID: *********]はデフォルトで反映されます。

5.Beds24のカレンダー、予約詳細は画像の通りです。

 

「Black」の予約を非表示にする方法

設定 > すべてのOTA > Google カレンダー > 特定のコンテンツの予約ステータスを「Black予約を除くすべての有効な予約」にして下さい。

予約の状態が「Black」のものはGoogleカレンダーに反映されなくなります。

※Blackoutは通常通り反映されます

「Black」の予約とは、予約の「状態」が「Black」に設定されている予約です。

「Black」は部屋をブロックするために使用します。

設定にご不明な点がございましたら、メールサポートお問い合わせください。