結論

  • 12/7以降に入る予約で、Airbnbの宿側手数料が3→15%になる。
  • 例えば、サイトコントローラーの以下の設定が不要になる可能性が有る。

「Airbnbは手数料が3%だった。そしてBooking.comの手数料が15%だった。差の12%(15-3)は、サイトコントローラーによりBooking.comの方が12%自動で高くなる設定」

宿が実施すべき解決策

サイトコントローラーのサポートに以下の様に連絡されることをお勧めします。

「Airbnbの手数料分安かった設定を、12/7以降から入る予約のために、見直したい。具体的には、Booking.comとAirbnbの宿泊価格を揃えたい。」

この手数料について、Airbnbから10月にホストに一斉送信された文面原文

題名:

サービス料体系の変更(API連携ホスト限定)

———————————-

内容:

現在Airbnbのサービス料体系には、①ホストとゲストでサービス料を分担する分担型と、②サービス料全額をホストが負担する固定型ホストサービス料の2種類がございます。

②の固定型を利用し、ホストが最終価格をコントロールしやすくすることで、価格競争力の維持や、平均17%*の予約数増加に繋がったことがわかりました。

このような結果に基づき、2020年12月7日以降外部ソフトウェアをご利用されているホストにご利用いただける手数料体系は固定型ホストサービス料のみとなります。これにより15%のサービス料がホストの受取金から差し引かれるようになり、ゲストにはサービス料が請求されなくなります。12月7日以降に入った予約に対してこちらの手数料が適用となりますので、それまでに価格調整の準備などを早めに進めていただくことをお勧めしております。

固定型ホストサービス料を既に導入されているホストの皆さまは、2021年1月1日の予約分より手数料が15%に変更されますのでご留意ください。

Beds24をご利用の方へ

Airbnbの値段を100%とすると、Booking.comの値段は120%に自動で変換されるBeds24の機能を設定されてるお宿様は多いです。こちらのヘルプ「価格のリンクの設定方法」で、ご自身でその値段の%を変更可能です。ご自身で変更した場合、

  • Airbnbの値段が、Booking.comに対して安すぎたり高すぎたりしないか
  • Beds24の管理画面や、Booking.com、Airbnbの表示されてる金額が適切か

をご確認願います。

もし、設定に少しでも迷われたらこちらのBeds24のメールサポートにご連絡をお願いします。

最後に

 元々、Airbnbのホスト(宿側)は売上の3%だけをAirbnbに納めています。

そして、ゲストが10%~20%の費用をAirbnbに納めていました。

詳細は省きますが、この手数料制度は欧州で何かしらの法律に触れているようで、世界中でAirbnbは、ホストが手数料の全額を負担する制度に移行しています。

Booking.comやじゃらんなど、Airbnb以外の全ての主要OTA(楽天バケーションステイを除く)は宿側が手数料を全負担する制度です。

Airbnbが、通常のOTAに手数料制度を合わせてきたのは、以下の参考記事のように、2020年に上場するため、適法性を高める狙いの一旦と筆者は考えます。

参考記事:Airbnb、上場先にナスダックを選択-IPOを年内実施へ 発行日:2020年10月28日