Beds24と既存のAirbnbリスティングを接続

以下のコンテンツは編集中です。理由は、2018/6/15の民泊の法律改正でAirbnbがシステムを改変し、Beds24とAirbnbの接続手順が変更された為です。以下の内容は大筋は同じですが、以下は現状とは異なる古い内容を含みます。以下を実行されると、回復不能なエラーを引き起こす可能性があります。

以下の手順を踏んで頂ければ、どなたでもBeds24と既存のAirbnbアカウントを繋ぐことができます。接続が終われば、既存のAirbnbのリスティングの予約もBeds24に取り込み可能です。動画は、字幕付きです。現在利用しているリスティングのレビューも引き継げます。

1.ブラウザ(Googleのクローム推奨)のクッキーを消す

  • グーグルのクロームをお勧めする理由:セキュリティ、使いやすさ、Gメールとの相性、スマホ、タブレット、パソコンでの相性など、ほぼ全ての点で、競合するブラウザより優れています。
  • Googleクロームついてはこちら。
  • クッキーの説明はこちら。クッキーを消す理由は、誤ったエアビーアカウントとBeds24の接続防止の為です。

以下に、クローム以外のブラウザのクッキーの消去法のリンクを掲載しますが、他のブラウザではBeds24との連携に問題が発生することが多く、他のブラウザで接続を試る方は、自己責任でお願い致します。

2.Beds24上でAirbnbと接続したいプロパティと部屋を作成

  • Airbnbの既存のリスティングと繋ぐ、施設と部屋を作成します。
  • 既に施設(プロパティ)と、部屋を作成した方は、この項目は飛ばして下さい。
  • プロパティのメールアドレスには、予約が入ったら予約者などの詳細情報が載ったメールが届きます。必ず、実務で使用するメルアドを入れて下さい。

3.Airbnbのアカウントと接続する(リスティングとの接続は後の動画にて)

  • Airbnbのアカウントは、各リスティングを束ねるものです。
  • リスティングとは、部屋自体のことを指します。
  • そもそも、新しくairbnbを始める方は、まず、エアビーのアカウントの作成とリスティングの作成をこちらから行って下さい。

既出ですが、通貨の設定について、見逃される方が多いようです。故に、以下に短い通貨設定の動画を視聴可能にしています。ぜひご覧下さい。

4. 今あるAirbnbの予約をBeds24に取り入れる

これはiCal接続という接続で、Beds24に既存のAirbnbにある予約を取り入れる作業の動画です。Airbnbを新しく始める方には、不要の動画です。今、運営中のAirbnbのリスティングをお持ちの方は、既存の予約を取り込むため、こちらのiCal接続が必須です。

注意点として、このiCalという機能で取り込んだ予約は、後日Airbnbでキャンセルされても、そのキャンセルが反映されません。

5. コンテンツエラーを消す

もし、Property Type Group、物件のタイプ、リストタイプにエラーが出てたら以下の画像のように修正して、エラーを消します。皆様の物件がapartmentでなくても、apartmentと入力して下さい。

リストタイプは、皆様の物件に合わせて変更して下さい。

貸し切りならentire home(家全体)にします。

個室ならprivate_room(個室)、

ドミトリーなどのルームシェアは、shared_room(ルームシェア)です。

注意点:

  • このコンテンツのエラーを消す際に使用するデータは、Airbnbに反映されません。これは元々、Beds24でAirbnbの新規のリスティングを作成するための情報です。皆様は、既存の運営中のリスティングを引き続きご利用になる方が大半ですので、ここでのデータはAirbnbには反映されません。
  • Beds24との接続後も、既存のAirbnbのアカウントの情報は引き続きご利用頂けます。
  • 現在、このコンテンツデータのエラー無しでAirbnbに接続できるよう、Beds24を改善しております。申し訳ございません。
  • ベッドの数が収容人数に満たないと、コンテンツエラーが継続することがありますが、その場合以下のデータを元に、Featuresの編集のボタンから、ベッドの数を足して下さい。
  • 上記の動画の最後の方で、エラーを消すために使う、ダミーの jpeg画像はこちらからダウンロード可能です。皆様で、不要なjpeg画像をご用意、アップロードして頂いても結構です。
  • ダミー画像は、以下の画像の部分に以下の1~7のリンクを貼ってもいいです。場所:設定  >  予約ページ  > ピクチャー  > 外部
  1. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-1.png
  2. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-2.png
  3. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-3.png
  4. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-4.png
  5. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-5.png
  6. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-6.png
  7. https://co-reception.com/wp-content/uploads/2018/06/sora-small-copy-7.png

以下は、このコンテンツエラーを消す行為で使われているデータです。コピペしてご利用下さい。

—————–
アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済 アカウントに掲載済
—————–

AIR_CONDITIONING
SHAMPOO
WASHER
WIFI
MICROWAVE
KITCHEN
REFRIGERATOR
KITCHEN_DINING_ROOM
DISHES_UTENSILS
BEDROOM BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS BED_FLOOR_MATTRESS
BATHROOM_SHOWER BATH_SHOWER
BATHROOM_SHOWER BATH_SHOWER

6-1.Beds24の部屋とリスティングを接続する

この作業を終えると、該当のリスティングが非公開だった場合、自動的に公開されます。該当のリスティングを非公開にしたい場合、このページの一番下で、Beds24からリスティングを非公開にする方法の動画を公開していますので、ご参照下さい。

6-1-1許可証提出エラーを回避する

上記動画の1:27くらいからのAirbnbの画面には、物件が表示されています。

しかし、Airbnbで、以下のようなインポートエラーになることがあります。この場合、以下の手順でエラーを回避できます。

6-1-1-1. まず以下の「許可証をこちらから提出して下さい」のリンクから許可証提出します。

エラーの文言は、別の文言の場合も日本語以外の英語の場合もありますが、とりあえず、リンク先で許可証の番号などを提出して下さい。

6-1-1-2.許可証番号をAirbnbで提出後に、Beds24でupdate airbnbを押す。

場所:設定  >  サイトコントローラーなど  > AirBnB.com XML

6-1-1-3.Update airbnbのボタンを押して1分後くらいにAirbnbの管理画面で、以下の画像のように、「インポートエラー」から「掲載準備完了」にBeds24のリスティングが移ります。

そして、接続する既存リスティングを選択して、同期を一部にする。そして「公開する」のボタンを押します。

もし、新たにBeds24からリスティングを作る場合、「新規リスティング」を選択し、同期設定は「一部」を選択します。

Beds24と繋がれたAirbnbアカウントでは、Airbnbのアカウントから直接アカウントが作成できなくなります。新たにリスティングを追加する場合は、ここで新規のリスティングを選択して、新リスティングを作成します。

6-1-2:予約可能日数が足りないエラーを回避する

上記動画の1:27くらいからのAirbnbの画面には、物件が表示されています。

しかし、Beds24の中で、Airbnbの為の価格が設定されていない場合、Airbnbの画面で、以下のようなインポートエラーになることがあります。

この場合は、料金設定(初級)のヘルプをご覧頂き、Beds24の中で価格を設定して下さい。価格を設定してない状態だと、Beds24からAirbnbに在庫が送信されず、上記の画像のエラーメッセージ(こちらのリスティング〜〜中略〜〜必要です。)が発生します。故に、皆様が設定を行なっている日から、一年先まで価格をBeds24で設定すれば、ほぼ間違いなくこのエラーは消えます。

6-2 もし、「物件やリスティングの名前が短すぎる」のようなエラーがBeds24やAirbnbで出たら:

以下の場所:設定  >  サイトコントローラーなど  > AirBnB.com XML  > 特定のコンテンツ > 概要 > 名前の部分に、8文字以上の名前をいれて下さい。

6-3 Listing statusに、approved ではなく、ready for reviewと出たら

上記のように、listing Status ready for reviewが出た場合の解決法を以下に記載します。

下の画像をご覧下さい。こちらの部分を、apartments、apartment、entire homeにします。そして、最初からやり直すと、このready for reviewのバグを回避できます。

6-4:Airbnbの認証が終わってない

また、ready for reviewは、Airbnbのアカウントの情報入力が、足りてないことを意味している場合もあります。「掲載準備を完了しよう」と出てるので、これを完了して下さい。

掲載準備完了の後、Airbnbのアカウント内で、

  1. Eメール認証
  2. 支払い受け取り口座入力
  3. 免許証やパスポートなど身分証でのアカウント認証

以上3点を終えて下さい。

上記の3点を終えてから、また以下の場所で、状況を確認して下さい。

場所:設定  >  サイトコントローラーなど  > AirBnB.com XML > 更新状況を取得する

そうすると、以下のように、Listing Statusが、approvedになります。そしたら、成功です。そしたら、また、6-1 Beds24の部屋とリスティングを接続する の動画をご覧下さい。

6-5 AirbnbとBeds24の接続の初期化の手順

以上のようにapprovedにならなかったら、6-4の上記の画像の黄色のボタン、「View listings in account(アカウントのリストを表示する)」から、以下の手順を行ってください。Beds24と繋ぐ前の状態に戻ります。

場所:設定  >  サイトコントローラーなど  > AirBnB.com XML >アカウントのリストを表示する

全てのリスティングを切断すると、「このAirbnbを切断する」の画像が出てきます。

6-6もし、以下の2点が行えない状況になったら

弊社にご連絡下さい。もうこれはBeds24からしか、回復できない状態です。原因は、Beds24からではなく、皆様のAirbnbから、「現在使用中のアプリ」の中の、Beds24を消去したと思われます。

  1. リスティングの切断をクリック
  2. このAirbnbアカウントを切断をクリック

—————–

6-7 もし、Listing statusに、approved ではなく、newと出たら

下の画像をご覧下さい。これは、接続しようとしてる部屋が、エラーでAirbnbから拒否されています。Update Statusには、successと書いてあっても、これは失敗です。

6-7の解決策:

場所:設定  >  プロパティ  > 部屋 > エラーが出てる部屋を「コピー」します。

そして、また「5. コンテンツエラーを消す」動画を参考に、エラーを消します。

そして、また6-1の動画を実行します。そうすると、Listing Statusに、approvedが出るでしょう。

New の部屋は、もはや回復不能なので、コピーの後に削除します。

番外編1:既に、Beds24とAirbnbのアカウントを接続した状態から、新規のリスティングを作る場合

既に、Beds24とAirbnbのアカウントを接続した状態から、新規のリスティングを作る場合は、Beds24から作成します。Airbnbアカウントからは直接作成できません。Beds24からAirbnbに入って、新規のリスティングを作成します。

まずは以下の動画をご覧下さい。これは、既出の「6.Beds24の部屋とリスティングを接続する」の動画「Beds24とエアビーの XML接続作業 後編」です。これは、既にAirbnbにあるリスティングと、Beds24の部屋を接続する方法です。新規でリスティングを作成する場合は、動画の1:29秒くらいから、「別のこと」を行います。

その「別のこと」とは、動画の下に記述されている、2枚の画像で説明します。

以下の二枚の画像をご覧下さい。以下の画像の場所で、選択を誤らなければ新規のリスティングを作成できます。

画像1:

これは、「6.Beds24の部屋とリスティングを接続する」の動画「Beds24とエアビーの XML接続作業 後編」の1:29くらいの場所です。この動画の、Airbnbのリスティングの部分で、「リスティングを新規作成」を選びます。そして、画像2をご覧下さい。

画像2:

画像2では、同期の設定を選択します。ここは、「一部」を選択して下さい。そして、公開するを押せば、新規のリスティングが作成できます。

番外編2:皆様がBeds24からAirbnbの部屋を非公開にする方法

Airbnbに接続したら、もう、Airbnbのアカウント内で「非公開」にすることはできません。Beds24で該当するリスティング(部屋)を非公開にする方法を以下の動画で御説明します。