今まで、『公式サイト』を下の画像のように表示させるには、

有料のGoogleホテル広告を利用する必要がありました。

最近、無料でこの『公式サイト』を表示できるようになったようです。

しかし、この無料機能のご利用は、現段階ではオススメしません。

Googleで集客をする場合は、有料のGoogleホテル広告を利用しましょう。

無料機能をオススメしない理由

大きく、2つの理由があります。

①価格や在庫がサイトコントローラーと連動しない

つまり、手作業による入力や修正が必要ということです。

予約が入るたび、手動で在庫を閉じることになります。

なお、予約はGoogleからではなく自社HP(予約エンジン)から入ります。

故に、Google上の在庫を閉じていなくても、

ダブルブッキングが発生することはありません。

②Google上と自社HP上で価格・在庫が一致しない可能性が高い

前述の通り、Google上の在庫を閉じていなくても、

自社HPの在庫が正しければ、ダブルブッキングは発生しません。

とはいえ、ゲストへの印象が悪くなる可能性があります。

予約できると思って『公式サイト』をクリックしたにも関わらず、

『満室』になっていたら、がっかりされてしまいますよね。

出典:コムサポートオフィスブログ

オススメは有料のGoogleホテル広告

有料のGoogleホテル広告に表示される『公式サイト』は、

価格も在庫もサイトコントローラーと連動しています。

在庫がない日程は、OTAや『公式サイト』の表示が隠れる仕様です。

なお、予約が確定するごとに宿泊費の4〜18%の広告料が発生します。

Beds24 × Googleホテル広告の詳細はこちら

Googleホテル広告の無料枠は非推奨

無料枠から『公式サイト』は見つけにくく、予約率が高くありません。

①ゲストは『他〇〇件を表示』をクリックした後、

②次のページで初めて『公式サイト』を目にします。

民泊施設はGoogle民泊に掲載

Googleに登録した施設カテゴリが『民泊施設(ホテル以外)』の場合、

Googleホテル広告には掲載できません。

その代わりに、無料のGoogle民泊に掲載することができます。

Beds24 × Google民泊について詳しくはこちら

最後に

Googleで集客するには、有料のGoogleホテル広告を利用しましょう。

無料枠への掲載や、手動での『公式サイト』表示はオススメしません。