手間いらずでの客室販売はAirBnBでの売上の2倍

合法民泊にも関わらず、民泊向けのシステムが充実しているAirBnBを使おうとしていませんか。

合法ならば手間いらずを使い、Booking.com、楽天トラベル、じゃらんを通じて客室を販売したら売上は2倍に上がります。

弊社が管理している稲荷ハウスでは、旅館業の許可を持っているにも関わらず、AirBnBのみで宿泊客の募集を行なっていました。理由として、AirBnBは民泊用のシステムが充実していること、手間いらずがAirBnBに未対応だったことが挙げられます。(2017年7月現在も未対応)

2016年12月時点でAirBnBのみの売上は約30万円でした。

2017年2月は手間いらずを導入し、Booking.com中心の宿泊客の募集を行なったところ、売上は約60万円まで上昇しました。4月は桜の季節ということもあり、売上100万円に達しました。

確かにBooking.comや手間いらずを導入することでコストは上がりましたが、それでも利益は10万円以上増えました。

2016年12月と2017年2月の比較なので、単純には比較できませんが、旅館業の許可を持っているなら、Booking.comを中心に宿泊客を募集すると、AirBnBだけの販売に比べ、売上は倍に、利益は1.2~1.5倍になる可能性が有ります。

可能ならば、手間いらずを使い、楽天トラベル、Booking.com、じゃらんで合法民泊を販売しましょう。

 

無料PDFダウンロード

内容:合法民泊の運営をしている株式会社いろは代表の三浦氏がまとめた、素人が独力で旅館業許可取得の為の情報が詰まった10ページです。


資料の一部:


以下より情報をご入力頂ければ、全ページの資料が記載されたダウンロードページに飛びます。


ホームへ戻る

SNSでもご購読できます。