今回ご説明する機能

Beds24.comでは予約を取り込み、既存のエアビーのリスティングの既存の予約の日の在庫を必要に応じて減らすことができます。

Beds24は、既存の予約の連絡先、名前などを取り込めます。

価格は取り込まれないので、エアビーで直接ご確認をお願い致します。

これを実行する前に行うこと

  1. そもそも、物件やお部屋の設定がまだの方は、こちらのヘルプから初期設定のセットアップを行なってください。
  2. ダブルブッキングを防ぐ為、既存のエアビーのリスティングは、「非公開」に設定して下さい。

やることの概要

AirbnbのエクスポートカレンダーURLをBeds24の「Airbnb Export Calendar(Bookings)」設定に保存する必要があります。そうすれば、Beds24はAirbnbの予約を取り込めます。

以上をiCal接続(1way)と呼びます。

以降、iCal接続(1way)より同期率の高い、XML接続(2way接続 )をする為に、既存のリスティングから予約を取り込んだ後に、iCal接続を切る必要があります。

XML接続は、既存のリスティングから既存の予約を取り込むことはできない為、iCal接続でまずは既存予約を取り込む必要があります。

その後、こちらのヘルプをご参照頂き、XML接続(2way接続 )を行い、iCal接続(1way)より在庫や価格の同期の性能が圧倒的に優れたXML接続を、毎日の運用で使用します。

やることの詳細

まず、エアビーのアカウントでリスティングをクリック。

その後、対象のリスティングをクリックして、以下の画像の「予約可能状況」をクリック。

その後、予約可能状況の下の方に、以下の画像の「カレンダーをエクスポート」をクリック。

以下のURLをコピーメモで控えます。

Beds24で行うこと

設定  >  サイトコントローラーなど  > AirBnB.com iCal にて、以下のように4点を記入します。

  1. カレンダーのエクスポート(予約)に先ほどのエアビーで控えたURLを記入する。
  2. 在庫数にチェックを入れる
  3. 価格にチェックを入れる。
  4. セーブを押す

セーブを押して、1~2時間ほどすると、既存のエアビーのリスティングの予約がBeds24の貴方のアカウントに取り込まれるはずです。

予約が取り込まれたら、上記画像の在庫数と予約のチェックを外し、セーブを押します。これでiCal接続は切断されます。

その後、こちらのヘルプをご参照頂き、XML接続(2way接続 )を行い、iCal接続(1way)より在庫や価格の同期の性能が圧倒的に優れたXML接続を、毎日の運用で使用します。